Posted in 今日のあの子

どうして、親は正しい教育を与えてあげずに、子どもには自信がある行動をして欲しいと求めるのか?

↑写真は4歳児が選ぶ、美!

ORI ACADEMY、

大きい子クラスの遠足!

いや〜

見てて楽しすぎます、

何もかも

集中が

長すぎます!笑

ひとつひとつの展示の

あらゆることに興味を持ち

説明を読み込み

説明を疑い始め?!

さらにあっちからも

こっちからも見て触り

繰り返し!

→なかなか前に進まず!

でも、いいのです!

進んだとおもったら、

また、戻って展示を見かえす!

進んだと思っても

牛歩の歩み?!

→でも、いいのです!

スタンプラリーのように

次々とイベントを

めぐる休日は予定しておらず

この後には何も

予定がないのですから!

子どもの自信ってなんだろう。

親がイメージするような

大人の自信のある言動とは

ちょっと違うんです。

まずは

自分の没頭できることを

見つけられる力があり

そして当たり前のように

没頭し

それをやり続ける

それが当たり前のように

つづけられる

子どもの自信って

そういうことなのです。

これを繰り返し

達成感を得続け

挑戦をし続け

好奇心が膨らみ

自信のある人間に

育っていくのです。

親であれば

誰でもがそんな子に育ってほしいと 思いますが

幼児期は知識が

理解力に繋がり

その理解力が

子供の言動を支配します。

子供に適切な知識や理解力が得られるような教育を行わずして

自信がある子に育ってほしいと願うことは

できないんだなぁ〜

だって知識があってこそ

それにつながる展示を

たのしめ続けられるのですから!

そこから

子どもの理解の

すべてがはじまるんですよね。

と、

感じた

サンフランシスコの博物館の中。

もう、2時間同じところで待ってます、笑

→でも、いいのです。

没頭できる子が

世の中を変えて行くのですから!!

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s